息、ときどき止めてませんか?

以前の私は、1日のうちに何度も息を止めていた。

歯を磨くとき、家事をするとき、子どもを叱るとき、

嫌なことを思い出しているとき、パソコンを打っているとき…

スポーツや武道の最中にグッと息を堪えることがある。

それは瞬間的に大きな力を得るために必要なことだろう。

でも、日常生活で息を止める必要があるシーンなどそうそうないはず。

息が止まるのはどんなときか? 私の場合は次の2つ。

1.こころが「いま、ここ」にないとき。

2.負の思考が頭を巡っているとき。

3.イライラしているとき。

2も3も、結局は1と同根。

これらはの解決には、禅やマインドフルネスが有効だと思う。

禅やマインドフルネスのトレーニングよって、

1.「いま、ここ」に意識を持ってくることができるようになる。

2.湧き起こる負の感情を認識することができるようになる。

効果は比較的すぐに現れるように思う。

私自身、最近は息を止めることが少なくなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください