骨盤の弾力と呼吸

呼吸にともない、胸郭はもちろん骨盤も動いていることを意識したことがあるだろうか?

腰や尾骨のあたりに手を当てながら深く呼吸するとすぐにわかる。

前後左右に動いている。

骨盤の弾力が失われていると、この動きが小さかったり感じられなかったりする。

「健康商戦」で骨盤にスポットが当たって久しい。様々な書籍やグッズが売られている。

使ったことがないが、きっといいものもあるのだろう。

私の場合、骨盤のゆがみや硬さが気になった場合、ゆるめる方法は次の4つ。

1.立禅で緩める
立って行う瞑想。
呼吸に合わせて骨盤が開いたり閉じたりしていることをイメージしながら行う。

2.金魚運動でゆるめる

3.枕を用いてゆるめる
例えば、右のお尻の下に枕を入れ、そのまま静かに呼吸。
あるいは、両足を伸ばして踵の下に枕を入れ、そのまま静かに呼吸。
歪みが解消されそうな部分だけ高くして静かに呼吸するのだ。

4.腰椎をひねってゆるめる
スワイショウや仰向けに寝て体をねじるようなストレッチを行う。

多用するのは立禅で、私には最も効果がある。

骨盤に弾力が出てくると呼吸が深く、楽になり、

またメンタル面においても穏やかで優しい1日を送ることができるようになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください